社会不安障害と対人恐怖症

対人恐怖症社会不安障害と似ています。

 

社会不安障害は人間関係や人前に出ることに強い不安を感じ
何か行動が制限されるなど支障が出てしまうことを言います。

 

社会不安障害

 

そういった対人不安はどうすれば治せるのでしょうか?

 

社会不安障害は対人恐怖症の別の言い方と言えるかもしれません。
厳密に違うのかもしれませんが、重要なのは

 

対人恐怖でも対人不安であっても、
それによって行動が制限されてしまったり、
生活や仕事に支障が出てしまうことにあります。

 

社会不安障害や対人恐怖症でない人であっても、
少なからず人間関係に不安を感じている人が殆どだと思います。

 

それは対人恐怖症が治った私も同じです。
今では社会復帰することができ仕事を続けることができていますが、
それでも人間関係や仕事で不安を感じることは今でもあります。

 

しかし、それによって仕事を休んだりだとか
引きこもるということはなくなりました。
人との接触を出来るだけ避けるなんてこともありません。

 

問題は不安が強くなりすぎて行動が制限されてしまうこと、
不安により外に出れないなど生活に支障が出てしまうことです。

 

対人恐怖症や社会不安障害によって、仕事を続けなくなり
引きこもりになってしまうという人は実際に現在も増えているようです。

 

それでも、治療に取り組むことにより不安を完全に消すのは無理でも、
普通に生活を送れるようになるまで回復することは可能です。

 

社会不安障害を治すには?

 

対人恐怖症を精神科などの病院で受診すると
社交恐怖であったり社会不安障害と診断されます。

 

まずは一度病院で受診してみてほしいと思います。

 

多くはSSRIなどの薬物治療を受けることになりますが、
薬だけでは社会不安障害が治らないという人も少なくありません。

 

そんな場合に試してほしいのが脱恐怖症プログラムとなります。

 

私も脱恐怖症ブログラムにより対人恐怖症を治すことができました。

 

脱恐怖症プログラムは自宅で1人で取り組むことが可能で、
誰でも簡単に実践できるようになっている恐怖症の治療法です。

 

社会不安障害など不安症への効果も期待できます。

 

あなたも一度このプログラムに取り組んでみてください。

 

1日4分自己催眠トレーニング 脱!!恐怖症プログラムの詳細はこちら

 

対人恐怖症を自力で治す

 

あなたが対人不安を克服できることを願っています。